450年の歴史

450年。“ものづくり”へのこだわり

私たちの“ものづくり”は、1560年、
織田信長が桶狭間の戦いに勝利したその年まで遡ります。 私たちの先達は、高度な知識と技術を身につけ、鍋・釜・燈籠・鐘などの鋳物を作ってきました。
朝廷からは「御鋳物師」の免状を授かっています。
社名の「鍋屋」はいわば公認の匠のグループとしての屋号に他なりません。
古くて新しい会社、NBK。
私たちはこの450有余年の歴史と伝統を誇りとし、これからも、
的確に時代を捉え、つねにあたらしい価値を創造し続けていきます。

沿革

2015年
NBK America LLC の営業を開始。
ワーク搬送ソリューション“ハンドリング・テクノロジ(Handling technology)”の販売を開始。
最新鋭鋳造プラント「美濃ファウンドリ」の操業を開始。
2014年
経済産業省主催の「平成25年度おもてなし経営企業選」に選出される。
"鋳物でコストダウン「別品鋳物」"の営業を開始。
ISO22301(事業継続マネジメントシステム)の認証を取得。
2013年
高減衰能カップリングeXtra Gain®(エクストラゲイン) XG2シリーズの販売を開始。
2012年
ISO50001(エネルギーマネジメントシステム)の認証取得。
カップリング「MJC」がグッドデザイン賞を受賞。
2011年
関工園(本社工場)の全ての照明をLEDに替える。
Smart-Zee®シリーズがグッドデザイン賞を受賞。(HKLHKC)
鍋屋百迪精密機械(蘇州)有限公司の操業を開始。
2010年
NBKツィマー株式会社を設立。
経済産業省主催の中小企業IT経営力大賞2010の「IT経営実践認定企業」に選定される。
APEC中小企業大臣会合の公式行事として、視察先に選定される。
鍋屋百迪精密機械(蘇州)有限公司を設立。
2009年
登記上の本店住所を関工園に変更。
日本設備管理学会「ものづくり大賞」受賞。
第6回LCA日本フォーラム表彰 奨励賞受賞
2008年
経済産業省主催の中小企業IT経営力大賞2008の「IT経営実践認定企業」に選定される。
社団法人産業環境管理協会主催の経済産業省委託事業『製品グリーンパフォーマンス高度化推進事業』に参加し、ミニプラクランプレバー<LECMLECF><LECMSLECFS>のLCA報告書にてクリティカルレビューを受け、その分析方法がISO14040(2006)に規定されたLCA手法に則って実施されていることが確認された。
新世代高性能カプリコン®limXシリーズ®<XGT><XGS>が「2008年超ものづくり部品大賞」奨励賞を受賞。
2007年
関工園の住所表示“岐阜県関市桃紅大地1番地”に変更。
MISATI社(スペイン)とPowerClamper®の販売に関し、業務提携。
ユニバーサルデザインを取り入れたUDEX®シリーズの製造・販売を開始。
カプリコン®のlimXシリーズ®が2007年度グッドデザイン賞を受賞。
カプリコン®の<MST><MOL>、M&Mの<LEM>、ディンプルノブシリーズ<KDM><KLM><KRM>がロングライフデザイン賞を受賞。
2006年
経済産業省中小企業庁の「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」に選定される。
鍋屋バイテック会社(企業)および岡本太一(経営者)が「2005年度 デザイン・エクセレント・カンパニー賞」を受賞。
岐阜現代美術館(Gifu Collection of Modern Arts)オープン。
2005年
陽圧プレイスが完成。寿司バーコンセプト®を実現するロジスティックシステムが稼動。
PowerStop®(パワーストップ®)の販売を開始。
内閣総理大臣表彰「第1回ものづくり日本大賞」優秀賞を受賞。
『Vプーリの多種要るだけ微量生産を実現した、ゆったり自働加工設備の開発とコスト削減』
2004年
労働安全衛生マネジメントシステム OHSAS 18001 の認証を取得。
統合マネジメントシステムとして運用を開始。
超精密加工が可能な恒温・恒湿のバイテック工場が完成。クラス10のクリーンルームも併設。
2003年
LinearClamper-Zee®(リニアクランパ・ズィー®)の販売を開始。
“MEME Center”および“元気亭”が第5回“岐阜県21世紀ふるさとづくり芸術賞”優秀賞を受賞。
2002年
Jaure社(スペイン)とフレキシブルシャフトカップリングに関し、技術提携。
ServoMax®(サーボマックス®)の製造販売を開始。
丸ベルト用プーリーの製造・販売を開始。
ServoMax®(サーボマックス®)が2002年度グッドデザイン商品に選定。
Zimmer社(ドイツ)とリニアガイドウェイクランパの販売に関し、業務提携。
2001年
鍋屋バイテック株式会社(通称:鍋屋バイテック会社)に社名を変更。英文社名:Nabeya Bi-tech Kaisha。
Lovejoy社(アメリカ)とフレキシブルシャフトカップリングに関し、技術提携。
JawMax®(ジョーマックス®)の製造・販売を開始。
2000年
e-nedzi.com®(ネジコム®)の製造・販売を開始。
ISO9001・ISO14001全社統合同時認証取得。
1998年
"MEME Center"および"元気亭"が1998年度"中部建築賞"を受賞。
1997年
関工園に自社機械の開発・製作を行う専用工場が完成。
関工園に機工部事務棟"MEME Center"および厚生施設"元気亭"が完成。
1996年
インドネシアに合弁会社PT.Himalaya Nabeya Indonesiaを設立。
1995年
Superbolt社(アメリカ)と"スーパーボルト"の販売に関し、業務提携。
代表取締役岡本太一(当時)が"科学技術振興功績者"として1995年度の科学技術庁長官賞を受賞。
NBK団地工場(各務原市金属団地)を開設。
1994年
関工園が、1994年度通商産業省グッドデザイン施設(第1回)に選定され、また、緑化優良工場として1994年度"財団法人日本緑化センター会長表彰"を授与された。
1994年度"第28回社団法人中小企業研究センター賞(現「グッドカンパニー大賞」)・地区表彰"を受賞。
1993年
カプリコン®ミニの<MOL><MHW><MHS>がハノーヴァ・メッセの"iF-優秀工業デザイン賞"を受賞。
関工園事務棟・ホール棟が1993年度の"日経ニューオフィス推進賞"および"中部建築賞"を受賞。
1992年
関工園事務棟・ホール棟が完成。
Southco社(アメリカ)とアクセス・ハードウェアの販売に関し、業務提携。
Rogan社(アメリカ)とM&Mシリーズの販売に関し、業務提携。
Atoms Monaco社(フランス)とM&Mシリーズの販売に関し、業務提携。
1991年
カプリコン®ミニの<MST>がハノーヴァ・メッセの"iF-優秀工業デザイン賞"で"ザ・トップ・テン・オブ・ザ・イヤー1991"を受賞。
M&Mシリーズの"ディンプルノブ""プラクランプレバーMK-Ⅱ"およびカプリコン®ミニの<MOL>が1991年度通商産業省グッドデザイン商品に選定。
1990年
イソメック®フラットプーリーの製造・販売を開始。
Gamm社(イタリア)とM&Mシリーズの販売に関し、業務提携。
1989年
イソメック®スプロケットの製造・販売を開始。
1988年
金型アルミ鋳造を開始。
カプリコン®ミニの<MST>が1988年度通商産業省グッドデザイン商品に選定。
1987年
Ganter社(ドイツ)とM&Mシリーズの販売に関し、業務提携。
カプリコン®ミニおよびクランプロック®ブッシングの製造・販売を開始。
各務原工場第1期全面更新工事完成。
名古屋営業所を開設。
Leggett & Platt社(アメリカ)とフレキシブルシャフトカップリングに関し、技術提携。
1986年
Wood's社(アメリカ)とフレキシブルシャフトカップリングに関し、技術提携。
シュアフレックス®の製造・販売を開始。
1985年
プーリー選定のためのコンピュータソフトウェアを開発、販売を開始。
大阪営業所を開設。
1984年
岡本友吉記念NBK伝動研究所を開設。
1983年
イソメック®歯付プーリーおよびイソメック®ポリドライブプーリーの製造・販売を開始。
東京営業所を開設。
1982年
イソメック®ブッシングおよびイソメック®SPプーリーの製造・販売を開始。
1980年
Lanker社(スイス)とM&Mシリーズの販売に関し、業務提携。
中国冶金進出口公司(中国)とVプーリーの製造に関し、業務提携。
1979年
ヴァンキン®プーリーに関し(株)カネミツと業務提携。
ヴァンプーリー株式会社を設立。
1974年
関工園第1期工事完成。
1971年
ウェッジ®プーリー(JIS B 1855)の製造・販売を開始。
1967年
JIS Vプーリー(JIS B 1854)の製造・販売を開始。
1963年
フランジ形たわみ軸継手(JIS B 1452)の製造・販売を開始。
1957年
朝顔ハンドル・平ハンドルを標準化。
1950年
Vプーリーを国内初のメーカー標準品としてシリーズ化、製造・販売を開始。
1948年
鋳鉄製割プーリーの製造・販売を開始。
1947年
鋳鉄製平プーリーの製造・販売を開始。
1940年
鍋屋工業株式会社を設立。
1749年
寛延2年 御鋳物師免状を授かる。
1560年
永禄3年 創業。岐阜市金屋町1丁目にて鋳造業を始める。

「御鋳物師」の免状