カップリングの取りつけ・メンテナンス

このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

アライメントの調整

  1. フレキシブルカップリングは、ミスアライメントを許容し、回転角やトルクを伝達しますが、ミスアライメントが許容値を超える場合には、振動が発生したり、寿命が急速に低下することがあります。アライメント調整は必ず行ってください。
  2. 軸心のミスアライメントには、偏心(両軸心の平行誤差)、偏角(両軸心の角度誤差)、エンドプレイ(軸の軸方向の移動)があります。本カタログの寸法・性能表に記載された許容値以下となるように軸のアライメントを調整してください。
  3. 寸法・性能表に記載されたミスアライメントの許容値は、偏心・偏角・エンドプレイのどれか1つが単独で発生している場合のものです。2つ以上のミスアライメントが複合する場合は、それぞれの許容値は1/2となります。
  4. ミスアライメントは、装置への組みつけ時だけでなく、運転中の振動、熱膨張、軸受の摩耗などが要因になって発生することがあります。このため、ミスアライメントは許容値の1/3以下とすることを推奨します。

偏心

Parallel Offset Misalignment

偏角(中心一致)

Symmetrical Angular Misalignment

偏角(中心不一致)

Non-Symmetrical Angular Misalignment

偏心・偏角の複合

Combined Angular-Offset Misalignment

エンドプレイ

End-Play

振れ

Run Out

軸挿入量

カップリングへの軸の挿入量は、カタログ記載のハブの長さ(L寸法)としてください。
挿入量が短いと、軸のスリップやクランプ部の破損が発生することがあります。
挿入量が長いと、カップリング内部での軸の干渉により破損することがあります。

Dカット軸への取りつけ

クランピングタイプのカップリングを使用する場合、軸は原則として丸軸を使用してください。
Dカット軸を使用すると、軸のDカット面の取りつけ位置によっては、六角穴付きボルトの締めつけにより過剰な負荷がかかりカップリングが破損することがあります。
Dカット軸を使用する場合、軸のDカット面の位置をできる限り軸に垂直なスリットに掛からないように取りつけてください。
取りつけ例

最小回転直径

最小回転直径とは、カップリング外径(φA)またはボルト頭が飛出した場合の直径(φA1)の大きい方の直径です。
狭所でカップリングをご使用になる際は、最小回転直径にご注意ください。(PDFをご参照ください。)
最小回転直径は基準寸法を基に算出しております。
公差によって変動するため、設計値に余裕をもってください。

最小回転直径(カップリングタイプ別)

締結方法

軸への締結方法には、次の7種類があります。用途に応じて選定してください。

セットスクリュータイプ

ローコストであり、最も一般的な締結方法です。ただし、ねじ先が軸に直接当たるため、 軸を傷つけたり、取りはずしが困難になる場合がありますので注意してください。

クランピングタイプ

ねじの締めつけ力で軸穴を収縮させ、軸をクランプします。 取りつけ・取りはずしが容易にでき、軸を傷つけることがありません。

スプリットタイプ

軸穴部を完全に分割することができます。そのため、装置を移動させることなく、 取りつけ・取りはずしが容易に行えます。また、軸を傷つけることもありません。

セミスプリットタイプ

ハブの一方がクランピングタイプ、他方がスプリットタイプの締結方法です。 クランピングタイプ側を軸に締結した状態のまま、スプリットタイプ側だけで装置の接続が可能です。

キータイプ

セットスクリュータイプと同様に一般的な締結方法であり、比較的高トルクの伝動に適用できます。 軸方向への移動防止のため、セットスクリュータイプ・クランピングタイプなどと併用します。

ブッシングタイプ

テーパの楔効果を利用した締結方法で確実で安定した締結が得られます。
高トルクの伝動に適しており工作機械のスピンドルに最適です。

アダプタ+クランピングタイプ

クランピングタイプにアダプタを挿入し、サーボモータの1/10テーパ軸に適用できるようにしたタイプです。

このエントリーをはてなブックマークに追加