キャプティブスクリューの取り付け方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

47 キャプティブスクリューの取りつけ方法

プレスインスタイル Press-in Style

パネルの厚さは0.9mm以上としてください。


取りつけ穴は、その中心線がパネルの端面から 1.5×φD以 上の位置にあることを推奨します。


口金が図のようになるまで圧入してください。


M φD φC -0.1~+0.2
M3 5.6 ±0.04 3.2
M4 8 -0.08~0 4.4
M5 8 -0.08~0 5.2
M6 9.5 0~+0.1 6.2


フレアインスタイル Flare-in Style

パネルの厚さはAmin.~Amax.としてください。

Amin.・Amax.・B寸法は各ページの寸法表をご
参照ください。

取りつけ穴に口金の先端を手ではめ込んでください。
取りつけ治具をねじにかぶせ、取りつけ穴の 皿形状に合わせて口金を広げてください。

専用の取りつけ治具を使用することにより、確実な固定ができます。
口金を広げる力はねじサイズに応じて1600N~2500Nの範囲内としてください。

品番 M φD
47-104 M3
4.8 -0.05~+0.08
47-108 M4
6.8 -0.04~+0.08
47-115 M5
6.8 -0.04~+0.08
47-125 M6
8.2 0~+0.1
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品に関するお問い合わせなど、
お気軽にご連絡ください。

鍋屋バイテック会社コンタクトセンター

平日8時~17時まで (土日祝日を除く)