国際単位系(SI)

国際単位系(SI)及びその使い方 JIS Z 8203:2000 より抜粋

1.適用範囲
この規格は、国際単位系(SI)について規定し、SI単位の10の整数乗倍を表の単位のうちから一般的な使用のために特に選定した幾つかの単位の使用を推奨し、更に、国際単位系と併用してよいその他の単位も規定しSI基本単位の定義について規定する。

2.引用規格
次に掲げる規格は、この規格に引用されることによって、この規格の規定の一部を構成する。この引用規格は、その最新版を適用する。
IEC 27-1:1971、Letter symbols to be used in electrical technology −Part 1:General

3.SI単位
国際単位系(SI)という名称は、その国際的な略称SIとともに1960年の第11回国際度量衡総会(CGPM)で採択された。
この単位系は、次の単位から成り、一貫性のある単位系を構成する。
− 基本単位
− 組立単位

3.1 基本単位
国際単位は、表1に示す七つの基本単位を基礎としている。

4.SI単位の10の整数乗倍
SI単位の10の整数乗倍の名称及び記号は、表4に示す接頭語を用いて示す。
接頭語の記号は、それが直接連結される母体となる記号に結合されるものとみなす。したがって、この結合によって10の整数乗倍の新しい記号が形成され、この新しい記号は正負のべき指数を付けてもよく、また、他の単位の記号と結合して作られた組立単位を構成してもよい。
接頭語は、複合した接頭語の形で使用してはならない。例えば、ナノメートルはnmと表し、mμmと表してはならない。

● 表1 SI基本単位

基本量 SI基本単位
名称 記号
長さ メートル m
質量 キログラム kg
時間 s
電流 アンペア A
熱力学温度 ケルビン K
物質量 モル mol
光度 カンデラ cd

● 表2 固有の名称をもつSI組立単位

組立量
SI組立単位
固有の名称 記号 SI基本単位及び
SI組立単位による表し方
平面角 ラジアン rad 1rad=1m/m=1
立体角 ステラジアン sr 1sr=1m2/m2=1
周波数 ヘルツ Hz 1 Hz=1 s-1
ニュートン N 1 N=1 kg・m/s2
圧力、応力 パスカル Pa 1 Pa=1 N/m2
エネルギー、仕事、熱量 ジュール J 1 J=1 N・m
パワー、放射束 ワット W 1 W=1 J/s
電荷、電気量 クーロン C 1 C=1 A・s
電位、電位差、電圧、起電力 ボルト V 1 V=1 W/A
静電容量 ファラド F 1 F=1 C/V
電気抵抗 オーム Ω 1 Ω=1 V/A
コンダクタンス ジーメンス S 1 S=1 Ω-1
磁束 ウェーバ Wb 1 Wb=1 V・s
磁束密度 テスラ T 1 T=1 Wb/m2
インダクタンス ヘンリー H 1 H=1 Wb/A
セルシウス温度 セルシウス度* t ℃=t+273.15 K
光束 ルーメン lm 1 lm=1 cd・sr
照度 ルクス lx 1 lx=1lm/m2

*セルシウス度は、セルシウス温度の値を示すのに使う場合の単位ケルビンに代わる固有の名称である。


● 表3 人の健康を守るために認められる固有の名称をもつSI組立単位

組立量 SI組立単位
固有の名称 記号 SI基本単位及び
SI組立単位による表し方
放射能(放射性核種の) ベクトル Bq 1 Bq=1 S-1
吸収線量
質量エネルギー分与、
カーマ、吸収線量率
グレイ Gy 1 Gy=1 J/kg
線量当量 シーベルト Sv 1 Sv=1 J/kg

● 表4 SI接頭語

単位に乗じる倍数 接頭語
名称 記号
1024 ヨタ Y
1021 ゼタ Z
1018 エクサ E
1015 ペタ P
1012 テラ T
109 ギガ G
106 メガ M
103 キロ k
102 ヘクト h
10 デカ da
10-1 デシ d
10-2 センチ c
10-3 ミリ m
10-6 マイクロ μ
10-9 ナノ n
10-12 ピコ p
10-15 フェムト f
10-18 アト a
10-21 ゼプト z
10-24 ヨクト y

主なSI単位への換算率表

N dyn kgf
1
1×10-5
9.806 65
1×105
1
9.806 65×105
1.019 72×10-1
1.019 72×10-6
1

粘度 Pa・s cP P
1
1×10-3
1×10-1
1×103
1
1×102
1×10
1×10-2
1

● 1 P= 1 dyn・s/cm2= 1 g/cm・s, 1 Pa・s= 1 N・s/m2, 1 cP= 1 mPa・s

応力 Pa又はN/m2 MPa又はN/mm2 kgf/mm2 kgf/cm2
1
1×106
9.806 65×106
9.806 65×104
1×10-6
1
9.806 65
9.806 65×10-2
1.019 72×10-7
1.019 72×10-1
1
1×10-2
1.019 72×10-5
1.019 72×10
1×102
1

● 1 Pa= 1 N/m2, 1 MPa= 1 N/mm2

動粘度 m2/s cSt St
1
1×10-6
1×10-4
1×106
1
1×102
1×104
1×10-2
1

● 1 St= 1 cm2/s, 1 cSt= 1 mm2/s

圧力 Pa kPa MPa bar kgf/cm2 atm mmH2O mmHg又はTorr
1
1×103
1×106
1×105
9.806 65×104
1.013 25×105
9.806 65
1.333 22×102
1×10-3
1
1×103
1×102
9.806 65×10
1.013 25×102
9.806 65×10-3
1.333 22×10-1
1×10-6
1×10-3
1
1×10-1
9.806 65×10-2
1.013 25×10-1
9.806 65×10-6
1.333 22×10-4
1×10-5
1×10-2
1×10
1
9.806 65×10-1
1.013 25
9.806 65×10-5
1.333 22×10-3
1.019 72×10-5
1.019 72×10-2
1.019 72×10
1.019 72
1
1.033 23
1×10-4
1.359 51×10-3
9.869 23×10-6
9.869 23×10-3
9.869 23
9.869 23×10-1
9.678 41×10-1
1
9.678 41×10-5
1.315 79×10-3
1.019 72×10-1
1.019 72×102
1.019 72×105
1.019 72×104
1×104
1.033 23×104
1
1.359 51×10
7.500 62×10-3
7.500 62
7.500 62×103
7.500 62×102
7.355 59×102
7.600 00×102
7.355 59×10-2
1

● 1 Pa= 1 N/m2

仕事・
エネルギー・
熱量
J kW・h kgf・m kcal
1
3.600 ×106
9.806 65
4.186 05×103
2.777 78×10-7
1
2.724 07×10-6
1.162 79×10-3
1.019 72×10-1
3.670 98×105
1
4.268 58×102
2.388 89×10-4
8.600 0×102
2.342 70×10-3
1

● 1 J= 1 W・s, 1 J= 1 N・m

仕事率
(工率・動力)
熱流
W kgf・m/s PS kcal/h
1
9.806 65
7.355 ×102
1.162 79
1.019 72×10-1
1
7.5 ×10
1.185 72×10-1
1.359 62×10-3
1.333 33×10-2
1
1.580 95×10-3
8.600 0×10-1
8.433 71
6.325 29×102
1

● 1 W= 1 J/s, PS:仏馬力

熱伝導率 W/(m・k) kcal/(h・m・℃)
1
1.162 79
8.600 0×10-1
1

 

熱伝達係数 W(m2・K) kcal/(h・m2・℃)
1
1.162 79
8.600 0×10-1
1

 

比熱 J/(kg・K) kcal/(kg・℃)
cal/(g・℃)
1
4.186 05×103
2.388 89×10-4
1



設計者のための考えるヒント

お客さまの課題解決のヒントとなる技術情報を多数紹介しています。

NBKカタログのご案内

技術資料満載のNBKカタログのご請求はこちらから

商品に関するお問い合わせなど、
お気軽にご連絡ください。

鍋屋バイテック会社コンタクトセンター

平日8時~17時まで (土日祝日を除く)